購入前に確認すること

メリットが多いとされている競売物件ですが、購入する際にはいくつかの注意が必要です。その中でも一般物件と大きな違いとして挙げられるのが購入方法でしょう。競売物件は入札によって手に入るかどうかが決まります。もちろん、魅力的な物件には入札者が殺到するため、手に入りにくいという特徴があるのです。

また、物件の価値を判断するには経験が必要となります。特に賃借権付きの物件に関してはその複雑さが増しているため、迂闊に手を出すのは危険です。さらに事前内見が出来ないため、重大な損失があった場合には、その損失を自分で補填しなければいけません。購入資金においては現金での支払いを求められることが多いので、手持ちの資金に余裕を持って購入をしなければ、その損失の穴埋めをする費用が残っていないということも考えられます。

さらに、占有者がいるという場合には、その立ち退き交渉を行う必要があります。立ち退き交渉は単純な法律知識や不動産知識も必要となりますが、人と人とのコミュニケーションとなるため、いかに相手の懐に踏み込めるかということが重要な鍵を握っているのです。そのため、競売物件を取り扱うには多くの能力が必要になってくるという人も少なくありません。

Copyright © 競売物件についての情報と、その特徴について, All rights reserved.